■Blog

ブログ

月間アーカイブ

本日は通常通り営業いたします

2018/10/05

本日5日は

通常通り、12時より営業いたします!

掃除もばっちり済ませました。

 

みなさまのお越しをお待ちしております☺︎

 

池宮城


本日のディナーは台風25号接近の為、休業いたします

2018/10/04

本日4日のディナータイムは台風25号接近の為、休業いたします。

 

今回の台風も大きいようですが、どうか被害が出ませんように。

 

池宮城


本日29日はディナータイムも休業いたします

2018/09/29

本日はディナータイムも休業いたします。

ただ今台風の目に入り静かですが、これからまた強くなるようですので、皆さまお気をつけくださいませ。

 

うちの近所の木が折れて、警察と消防の方が撤去作業をなさっていました。

こんな日でも(だからこそ、でしょうか)働いていらっしゃる皆さまが、無事でありますように。

 

池宮城


本日29日のランチタイムは臨時休業致します

2018/09/29

本日29日のランチタイムは

台風24号チャーミーの暴風圏内の為、臨時休業いたします。

 

ディナー営業につきましては、台風の動きを確認しながら、再度こちらのブログにて案内いたします。

 

こんな日はご自宅でゆっくりなさるのがベストだと思いますが…

どうしても外出なさる際にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

 

池宮城


10月の予定です。

2018/09/22

10月の予定です。

近くの小学校から、エイサーの練習と思われるパーランクーを叩く音(日を追うごとに上達しております)が聞こえて来て、 仕事しながらチムドンドン。

運動会シーズン到来、もうすぐ10月です。(最近は秋以外にも開催されるようですが…)

 

という事で、少し早いですがサン・ヴァンサン  10月の予定です。

 

休み:10日(水)・14日(日)・21日(日)・28日(日)

ディナーより営業:毎週月曜日

昼のマリアージュ会:13日(土) 12時より  おひとりさま6,000円(料理とワイン)

貸切営業7日(日)

.

10月も皆さまのお越しをお待ちしております☺︎

 

池宮城


9月16日(日)ドイツワインと料理のマリアージュ!

2018/09/09

皆さま

こんばんは。

今月16日(日)の18:00~ ドイツワインと料理を楽しむ会を開催いたします。

今でも『ドイツワインって甘いんでしょ!』

なんて多くの方がおっしゃいます。イメージするのは『甘口の白ワイン』

ですが、今現在ドイツで生産されているワインの多くは(約57%)は辛口です。

初めてドイツを訪れたのは、10月の少し肌寒い季節でした。

ブドウの葉が金色に輝く美しい畑を回りながらテスティングするワインは、どれも美味しくて。。。

透き通るほど輝くそして美しいリースリングの爽やかさに、

またうっとりと魅了される甘美な味わいのリースリングに

しばし心を奪われたものです。

ワイナリーを回りながら発酵途中のワインを味わう楽しみもまた、格別でした。

現地に赴かなければ経験できないことですものね!

その美味しさをお伝えできないのが心ぐるしいです。。。

というわけで今回のワインは

世界最高峰白ワインのひとつ!ドイツワインの「ロマネ・コンティ」の異名をとる、

エゴン・ミュラーのシャルツホーフベルガー リースリング シュぺトレーゼ 

また、シュペトレーゼ(遅摘みワイン)を最初に発見した醸造所としても知られている

シュロス ヨハニスベルガー リースリング シュペートレーゼ

爽やかにホワイトアスパラにぴったりのフランケンのワイン

メインには、力強く仕上げられた美しい赤ワイン。シュペートブルグンダーをご用意しております。

なかなか味わうチャンスのないドイツ屈指のワインをほんの少しですが楽しんでいただきたいと思います。

是非お楽しみに。。。



 


9月のスケジュールです

2018/08/27

9月のスケジュールです

今年のお盆はウチカビの枚数でもめる(我が家だけかも知れませんが)こともなく無事に終わり、気が付けば今週の土曜日はもう9月になるのですね。

という事で、サン・ヴァンサン9月のスケジュールのお知らせです、

 

休み…2(日)・ 9(日)・17(月)・23(日)・30(日)

夜マリアージュ会…16日(日)18時より おひとりさま16,000円  テーマ:ドイツ

ディナーより営業…毎週月曜日(17日は終日休業)

 

※夜のスペシャルマリアージュ会は当初9日(日)の予定でしたが、16日(日)に変更となりました。

 

9月も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

池宮城


今月はアメリカ・オレゴン州でした

2018/08/22

今月はアメリカ・オレゴン州でした

こんにちは。もうすぐ旧盆。あの世のおじーとおばーに会えるかもしれないと思うと、嬉しくなってきます。

 

さて、先週土曜日のマリアージュ会はアメリカのオレゴン州をテーマにしました。

カリフォルニア州よりも冷涼な気候で、ピノ・ノワールやピノ・グリ、リースリングなどから多くの美味しいワインが生まれております。

 

前菜は

 

海老のガレットとハムのムース。きれいなピンク色が華やかに、テーブルを彩ります。

合わせたワインはAtoZ Rose Bubbles2016

ピノ・ノワール90%シャルドネ10%

明るいチェリーレッドと可愛いボトル、栓抜きで開けられる王冠キャップ!

オンナゴコロをくすぐるキュートな外観に胸を撃ち抜かれ、さくらんぼやいちごなどの赤い果実のフレッシュな味わいにノックアウト。

天気の良い休日のブランチにぴったり。ちょっとおしゃれな外国風おつまみやチーズ、半分バゲットが飛び出したギンガムチェックのハンカチを敷いた籠バッグに詰めて、誰かにプレゼントしたくなる一本です。

 

お次はオレゴンの白ワインと言えば!の、The Eyrie Vineyardsのピノ・グリ2015を

クリームリゾットを添えた帆立のソテーと。

 

 

2015年のオレゴン州はエルニーニョの影響により、過去100年の中で最も暖かい年で、高気温で乾燥した気候が春先から続き収穫も例年より早かったそうです。

しかし、収穫の時期に気温が下がったおかげで適度な酸が保たれ、オレゴン州の広い範囲で質の高い葡萄が収穫出来、最終的にはとてもバランスの良い仕上がりとなったようです。

酸味と程良いふくよかさと心地よい柔らかな少しの苦味と。

 

シャープなだけではない丸みを帯びた感じがクリームや帆立と◯

 

メインは鶏のディアブロ。鶏モモ肉の上にマスタード、飴色たまねぎ、そして香ばしいパン粉を。ソースは赤ワインソース。

ワインはこちらも2015ビンテージ。

オレゴン州の赤と言えば、やっぱりピノ・ノワール!最初のスパークリングワインと同じ造り手AtoZを選びました。

 

AtoZ PinotNoir2015

 

そして

 

お待ちかね(お待ちでないようでしたら申し訳ございません)

 

デザートは

 

ドーナッツ!

オレゴン州と言えば!のデザートが探せず(ご存知の方、教えてください…)アメリカと言えば!で思い浮かんだのがドーナツでした。

(アメリカ映画の影響かも知れません…刑事モノとか)

 

リースリングから造られた甘口のワイン。樹齢40年の古木の葡萄から限定数造られるこちらのワイン。39.7g/lという高い残糖を感じさせない程のきれいな酸が全体をバランス良くまとめていました。

ドーナツはレモンの酸味を少しきかせたシュガーレイズドに。巨峰とメロンのジュレ(パッションフルーツとオレンジのジュレとどちらにしようか、お出しする寸前まで悩みました…こちらでも合うと思います)旬のマンゴーも添えて。

アメリカワインとひとくちに申しましても、カリフォルニアとオレゴンではひと味もふた味も違うのね〜、というところをお楽しみいただけましたら幸いです。

 

次回もどうぞお楽しみに〜☺︎

 

 

池宮城


22日のディナータイムは貸し切り営業となります

2018/08/16

22日のディナータイムは貸し切り営業となります

来週22日のディナータイムは貸し切り営業となります。

ランチタイムは通常通り営業いたしますので、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

写真は先週の周年祭メニューの一品

鰯とドライトマトのパイ、バジルのソース 

コルシカ島のヴェルメンティーノとばっちり!でした☺︎

 

池宮城


止まない雨はない…

2018/08/15

止まない雨はない…

止まない雨はない。

と、かっこいいセリフを言いたいところですが、今日の沖縄に限っては、止みそうもありません…。

ですが、ワインは皆さまをお待ちしております!

 

本日のワイン

 

シャンパーニュ ・ポルロジェ

白ワイン・ブルゴーニュ シャルドネ、フランス ロワール地方のソーヴィニヨンブラン、ポルトガルのエンクルザード、イタリア マルケ州のラクリマという品種から造られた華やかな香りが心地良いロゼ。

ノンアルコールスパークリングワインも用意しております!

 

赤はボルドー サンテミリオン、スペイン トロのテンプラニーリョ(魚のトロの天ぷらではありません。)、南イタリア プーリア州のプリミティーヴォ、などなどです。

 

雨にも負けず、風にも負けない皆さまのお越しを心よりお待ちしております!ですが、どうかお気をつけくださいませ!

 

池宮城


ページの上部に戻る