■Blog

ブログ

月間アーカイブ

3月5日(火)は17時半オープンします!

2024/02/29

3月5日(火)は17時半オープンします!

以前ご案内しましたシャンパーニュセミナー(日本ソムリエ協会沖縄支部分科会)は、おかげさまで満席となりました!

お申込みいただいた皆様、ありがとうございます。

 

当日、平瀬と私は運営スタッフとして会場におります。

何か有りましたら、お気軽にお声掛けください。

 

そしてセミナー終了後は急いでお店に戻り、17時半にオープンいたします!

セミナーでシャンパーニュのいろんな話をお聞きした後は、いつも以上にシャンパーニュが美味しく感じると思います!

 

料理はいつも通り18時からの提供になりますが、チーズなどのちょっとしたシャンパーニュのお供はお出し出来ます。

 

お待ちしております☺︎!

 

※写真のシャンパーニュ・サロンはセミナーではお出ししないと思われます…サンヴァンサンでのオーダーをお待ちしております⭐︎♪

2013はボックスもかっこいいです。


ワイン検定ブロンズクラス、実施致します!

2024/02/11

ワイン検定ブロンズクラス、実施致します!

(一社)日本ソムリエ協会が主催するワイン検定を実施いたします!

 

ワインに興味をお持ちの方を対象に、ワインの普及を目的とした検定試験です。

ソムリエやワインエキスパート呼称資格試験のように難しくなく、ワインに興味のある方向けの基本的な内容です。

ご家庭でワインん楽しく飲んでいただける知識を習得する、入門編です。

 

受験資格は検定日に20歳以上の方で、ソムリエ協会の会員でなくても受けられます。

検定料は11,000円(テキスト代含む)

受付は3月10日(土)まで

詳細、お申込みはソムリエ協会ホームページのワイン検定専用ページをご覧ください。

※ワインテイスティングはございません

ワインは難しいのかな?

興味は有るけど、情報が多すぎて…

ブドウ品種、どんなのが有るのかな?

お家で楽しむにはどうすれば良いのかな?

などなど

 

ちょっとした知識で、もっとワインが美味しく、身近になります!

 

初めてのワイン検定、どきどきするかも知れない…そんな皆さま、

大丈夫です!

私も初めてのワイン検定(講師)です!

ワイン検定申込み後に送られて来るテキストから出題されます。

当日の前半はテキストを読みながらの講習会、その後、検定試験です。

合格されますと、とーーーーってもかわいい認定バッヂが後日授与されます!

 

ワイン検定のテキストは、あの分厚いソムリエ協会の教本の約18分の1の厚さしかありませんが、必要な知識が十分に学べます!

ワイン検定が、みなさまの明るく楽しいワイン生活の入り口となりますように!

 

お待ちしております☺︎


3月5日(火)シャンパーニュのセミナーがあります!

2024/02/10

3月5日(火)シャンパーニュのセミナーがあります!

来月3月5日(火)、シャンパーニュのセミナーがあります!

(一社)日本ソムリエ協会の分科会で、シャンパーニュ委員会様のセミナーです。

 

日時・2024年3月5日(火)14時〜16時

場所・ザ・ナハテラス

参加費・ソムリエ協会会員様1,000円、一般愛好家様3,000円

 

2月27日(火)までに、ソムリエ協会ホームページからお申込みください。

 

(きっと)みなさま大好き!シャンパーニュのことを、分かりやすく丁寧にお話されます!

当日は試飲もございますので、ご来場の際には公共交通機関やタクシーをご利用ください。

 

セミナーの後は、サンヴァンサンで乾杯!もお勧めでございます☺︎

 

お待ちしております!


ブルゴーニュワイン会&ボルドーワイン会の写真です!

2024/02/08

ブルゴーニュワイン会&ボルドーワイン会の写真です!

大変遅くなりましたが…

昨年11月のブルゴーニュワイン会と先月のボルドーワイン会の写真です。

 

 

 

フォアグラのパルフェとラフランスとクレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン NV ドメーヌ・フルーロ・ラローズ

 

  

エスカルゴのクロケット ソースブルギニヨン、トリュフ添え と アリゴテ ブルゴーニュ・アリゴテ・クロ・デ・ペリエール・ラ・コンブ2019ティボー・リジェ・べレール

アリゴテという品種は、すっきりとした酸味が特徴のきりっとした清々しい味わいになる事が多いのですが、こちらのワインは複雑で豊かな香りで、従来のイメージが変わります。そのワインと合わせたエスカルゴのクロケットも、言葉にならない美味しさ!でした。

  

北海道産毛蟹のブランダード ソースヴァンブラン と ピュリニーモンラッシェ・レ・ブードリエール・ブラン2020 ドメーヌ・ベルヴィル

毛蟹の甘みと旨み、そしてシェフの美味しいソースヴァンブラン(白ワインソース)!

 

  

小鳩のローストといちじくのコンポート さつま芋のチップ と シャンボールミュズィニ・レ・ドラゼイ2019 ドメーヌ・ベルヴィル

シェフのいちじくソース、美味しいんです。小鳩のジュ(出汁)も加わり、旨み倍増です。皆さまワインが進んで、注ぐのも大忙しでした。

 

 

フロマージュは撮り忘れてしまいました…申し訳有りません…

エポワス、ブリアサバラン・アフィネ、そしてシェーブルのシャロレをお出ししました。

 

最後はカスタードシューとバニラアイス と、最後も泡で。クレマンドブルゴーニュ・ブラン・ド・ノワール NV ドメーヌ・ユベール・ヴェルドロー 

最初のクレマンドブルゴーニュと同じく、黒葡萄であるピノ・ノワールから造られたブランドノワールです。

 

近年、価格の高騰が著しいブルゴーニュワイン、気軽に飲みましょう!という事にはならなくなってしまいましたが…やはり、美味しい!ワインも!そして料理も!と大大大満足の会でした。

 

 

お次はボルドーです!

 

 

新玉ねぎのブルーテとトマトとマグロのマリネ、クレマンドボルドー・ロゼ NV シャトー・ガイヨン

メルロとカベルネ・フランから造られたクレマン。新玉ねぎの優しい甘さ、マグロとマリネしたセミドライにしたトマトの酸味と凝縮した旨みにも◎

 

 

フォアグラのテリーヌ、りんごのピュレとブリオッシュ と ソーテルヌ シャトー・スデュイロー2007

テリーヌに添えたりんごのピュレ、そしてブリオッシュの焼き目の香ばしさとバターの香り。そしてそこに蜂蜜を思わせる甘美なソーテルヌ。言葉を失います。

  

牡蠣と菜の花のリゾット(追いパルミジャーノ・レッジャーノ)とボルドーブラン シャトー・ラリヴェ・オーブリオン2013

偉大なる赤ワインとソーテルヌというボルドーのツートップの陰に隠れ、ブルゴーニュや他の産地の白ワインほど、皆さま飲む機会があまり多くないボルドーブラン(ロゼも然りですが…)のようですが、美味しいんです。高めの温度で美味しく楽しめるワインの代表だとも思います。

白ワイン=キリッと冷やしてクイッとぐびっと、だけではない、ゆっくりと、ふくよかな美味しさを愉しめる事も出来るのがボルドーブランの魅力だと思います。(ボルドーブランの中にも木樽なしのスッキリも有ります!バラエティに富んでおり、和食に合わせやすいワインも!いろんな種類がありますので、是非お試しください!)

  

鰻と牛蒡とさつま芋のパイ包み、バルサミコを加えた赤ワインソース と ラ・ダム・ド・モンローズ2017

ボルドー地方の郷土料理に「ランプロワ・ア・ラ・ボルドレーズ」ヤツメウナギの赤ワイン煮という料理があります。ヤツメウナギではなく鰻ですが、今回は牛蒡とさつま芋と一緒にパイで包み、赤ワインソースにバルサミコを加えて。

シャトー・モンローズという安定感と重厚感あるクラシックなスタイルが人気のワインのセカンドラベルです。ファーストラベルよりもメルロ種を主体としており、果実味とタンニンがバランス良く溶け合い、鰻と牛蒡の風味、さつま芋の甘さ、パイの香ばしさ、バルサミコのコクが加わった赤ワインソースと出会い、なんてすてきなハーモニー。ちょっと料理のボリューム有り過ぎてしまったかな?と心配になりましたが(いつもより一品多いので)、全く問題なく、ワインと共にきれいにお召し上がりいただきました。

 

 

シェフの故郷、山形・米沢牛を、フィレ肉はローストに、すね肉は赤ワイン煮込みに。ワインはパヴィヨンルージュ・デュ・シャトーマルゴー2017 ボルドー5大シャトーの中で特にエレガントと称されるシャトーマルゴーのセカンドラベルです。カベルネ・ソーヴィニヨン主体で、こちらもファーストラベルに比べてメルロの比率が少し高く、肉付きの良い柔らかな味わいが特徴です。

芳醇な香りと長い余韻。米沢牛の滋味深い味わいと、幸せの組み合わせ。今年も一年頑張ります、と心の中で宣言したくなりました。

 

 

フロマージュは

蜜の香りと旨みが溢れるコンテ24ヵ月熟成、そしてやっぱりボルドーにはブルー・スティルトン・チーズ。柔らか甘み、穏やかな塩味、ナッティで上品な青カビの苦味が三位一体となって口福の世界へと誘います。貴腐ワイン、赤ワインと。エリザベス女王もこのスティルトンがとてもお好きだったそうです。そして白カビはクロミエ・レ・クリュ。深いミルクの味わい。3種類全て美味しいっ!

最後は苺のソースを底に忍ばせたバニラスフレとバニラアイスで締めました。

 

ブルゴーニュとボルドー。

世界中を周って、冒険して、新しい発見をして、わくわくどきどきいろんな経験をして、最後に帰って来てほっと安らぐ。

そんなブルゴーニュワインとボルドーワインだなと改めて感じました。

 

実は間の12月に、年末恒例のシャンパーニュ会も開催いたしましたので、そちらはまたの機会にご報告いたします…。

 

今月は日本をテーマに開催いたします。

お楽しみに!


2月11日(日曜・建国記念日)はランチタイムより営業いたします!

2024/02/06

2月11日(日曜・建国記念日)はランチタイムより営業いたします!

通常、日曜日は定休日ですが…

今度の日曜日・2月11日(日曜・建国記念日)はランチタイムより営業いたします‼︎

いつものように美味しい料理とワインとチーズをたっぷりご用意いたします!

 

普段はお仕事やご都合が合わず、平日のランチやディナーにお越しいただけない皆様、

この機会に是非!ご来店お待ちしております!


本日のディナーより営業いたします

2024/01/05

明けましておめでとうございます。

本年も皆様のエネルギー源となるような料理とワイン、チーズを取り揃えて、心地良くお過ごしいただけるお店を目指します。

本日のディナーより営業いたします。

 

皆様のお越しをお待ちしております。


年末のご挨拶

2023/12/30

こんにちは。

今年もサン・ヴァンサンをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

皆様に支えられ、本日の最終営業日を無事に迎えられましたことを、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

 

2020年のコロナから色々なものや事が大きく変化しましたが、少しずつ以前のような日常が戻りつつあるように思います。

2024年も明るく健康に、皆様と17周年を迎えられるよう精一杯務めてまいります。

 

新年の仕事始めは、1月5日金曜日のディナーからでございます。

新しい年が、皆様にとって輝かしい年になりますことを心よりお祈り申し上げます。

どうぞ、よいお年をお迎えください。

 

2023年12月30日

平瀬


本日25日(月)クリスマスディナー、カウンター席ご案内可能です!

2023/12/25

本日のディナー、カウンター席に空きが出ました。

お一人〜三名までご案内可能です。

 

お待ちしております!

 

 

今朝、お店の近くの信号でサンタさんを発見しました!

毎朝、通勤・通学の皆さんの安全を守るムッシュが変身しておりました。

「メリークリスマス!」「おはようございます!サンタさんからプレゼントもらったかな?」など、優しく話しかけながら、皆さんを見守っておりました。

こんなすてきなサンタさんに会えて、朝から幸せです!

 

今日も皆様にもたくさんのハッピーが訪れますように‼︎‼︎‼︎‼︎

近くでちゃんと許可を得て?全身の写真を撮らせてもらったのですが、なぜか載せられないので、後ほど調整して載せます!

 

 

 

 


クリスマスランチのメニューが一部変わります!

2023/12/22

明日からのクリスマスランチのメニューが一部変わります。

野菜のテリーヌ 県産トマトのムース

フォワグラのソテー 焼きリンゴ添え

 

ランチタイムも24日(土)は満席ですが、23日と25日は少しお席がございます。

 

ご来店お待ちしております!

 


クリスマスメニューのご案内

2023/12/14

クリスマスメニューのご案内

今日も道行く人のほとんどが半袖・薄着という、12月とは思えない暖かい(少し暑い…)お天気で、気分も今ひとつ年末らしさに欠けますが、カレンダーはちゃんと進み、なんと、今月も残り半月でございます。

遅くなりましたが、クリスマスメニューのご案内です。

 

12月23日(土)〜25日(月)の3日間

⭐︎ランチ:8,250円(税込み)

・毛蟹と柿、日向夏のマリネ 雲丹を添えて

・冬野菜のテリーヌ、県産トマトのムース

・旬魚のソテー サフランソース

・アメリカ産牛フィレ肉のロースト

・デザート

・コーヒーまたは紅茶

 

⭐︎ディナー:16,500円(税込み)

・毛蟹と柿と日向夏のマリネ 雲丹を添えて

・鰻と牛蒡とさつま芋のパイ、赤ワインとバルサミコのソース

・冬野菜のテリーヌ 県産トマトのムース

・オマール海老の平目包み ホワイトアスパラガス添え

・米沢牛フィレ肉とフォワグラのロッシーニスタイル

・デザート

・コーヒーまたは紅茶

 

食材アレルギーや召し上がれないものがございましたら、ご予約の際にお知らせください。

 

お席の状況は

24日(日)ディナー満席、25日(月)ディナー残りカウンター2席

その他はまだご案内可能です。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 


ページの上部に戻る